絵本『島ネコ マイケルの大引っ越し』〜小笠原諸島より〜

黒猫ちゃんたちを引き取りにいった病院。

新百合ケ丘にある「新ゆりがおか動物病院」なのですが。

こちらの小松先生が小笠原諸島のノネコ(野良猫)の保護活動の第一人者で。

その活動を知っている方の中ではとっても有名な猫・マイケルくんと、引き取りの日に記念に撮った写真です。

150114小松先生とマイケルくんとともにicon_kira.gif (すっぴんなのでマスクで失礼してます・・icon_ase.gif)


・・2005年。小笠原諸島に生息する、希少な鳥に含まれるカツオドリやオナガミズナギドリ。それらの死骸がたくさん発見されるようになり、小笠原の調査団体が自動撮影カメラをしかけたところ、まさにカツオドリを捕食しているその瞬間を捉えました。

それが、マイケルくんなのでした。

Michael7

ひゃー、すごい・・・・の一言。

こんなに大きな鳥を・・・!

普通におうちで暮らしていたら、こんな苦労をしなくても済むのに。。





・・しかし、小笠原諸島としては大問題なのです。これでは海鳥が減る一方なので、このノネコたちを捕獲して殺処分しよう、という流れになり。。

「どういった方法で安楽死させればよいのでしょうか?」という相談を受けたのが、小松先生だったそうです。

小松先生は「鳥は小笠原でしか生きられないが、猫は都会でも幸せになれる」と、同じ東京都獣医師会の方々に呼びかけをされ、、、。おかげで現在まで一匹も小笠原から引き取った猫は殺処分されずに済んでいるそうです。

Michael9

マイケルくんが捕獲器に入ったとき、抵抗した勢いで、この捕獲器ごと2メートルほど飛んだそうです。ものすごい野生っぷりです。

もがくので血だらけになってしまってますね。。。

 

先生も、こんなどう猛な状態では懐かないだろう、と思っていらしたそうですが、ものの三ヶ月ほどでものすごい甘えん坊になったそう。私が写真を撮ろうとしても、すぐころんとひっくり返ってなかなか良いショットが撮れませんでした。

撫でさせてもらったら、毛皮はちょっとごわごわしていました。もう16歳くらいだろう、ということです。良かったね、マイケルくん・・涙

frompaper
いまではすりすり猫です・・・icon_keart2.gif(院内にあった雑誌より)

小笠原で増えてしまったから「外来種」扱いで処分されるなんて・・・

きっとそれは誰もが思うことでしょうけど、「どんな命だって重さは同じだ」と、その猫達を実際引き取ろうと決めた小松先生。なかなか出来ることではないですね。

そののち、2011年に、小笠原諸島がめでたく世界遺産に認められたのも、この活動もあってこそだと、私に黒猫を紹介してくださったかかりつけの病院の先生に伺いました。

 

そして、黒猫ちゃんを引き取る日に、この絵本もいただいたんです。

Michael0

関東地方環境事務所サイトより
【通知】島ネコ マイケルの大引っ越し(絵本)を配布します
(こちらで絵本すべてのページのPDFダウンロードができます)


私が黒猫につながったのも不思議なご縁で。

保護した猫に妊娠した猫がいて、”産まれたら子猫の世話も大変だろう”と、他の病院には渡さないで小松先生が預かり。
その後10月30日に院内で産まれたのが黒猫ちゃん、なのでした。

じつはマイケルくんは以前に雑誌で読んだことがあったんですが、まさかこちらの病院だとはつゆ知らずで。。
1000キロも離れたところから、はるばる我が家にやってくるまでのいろいろな経緯、、。

小松先生が保護活動に立ち上がらなかったら出逢わなかった命のつながりですねo0020002012047931982.gifo0020002012047931982.gif





・・そして、一生懸命書いてるこの瞬間、黒猫はこんな様子です。

kuroneko150124

はかどらないなんてもんじゃありません(笑)





カツオドリを捕食してたマイケルくんには及ばないけれど・・

kuro150124b

羽のおもちゃにはうううぅ〜〜〜!と唸りながら飛びついてます・・笑

 

せっかくのご縁で知った小笠原諸島のノネコ活動なので、、

少しでも、こういった事がみなさんのお目に留まれば、と思い書いたりしてますが、、

動物に限らず、「邪魔なら消せばいい」といった、短絡的な発想は、あちこちに潜んでいるのではないでしょうか?

消すのは簡単ですから。野良猫の命みたいに。。

そして、消したくなるのも、その原因を作ったのも、結局人間では?と思うと、もっと時間をかけてでも改善するべきでは、とも。もちろん自分自身にもそういうところがないかどうかも含め、、、まずはささやかだけど、自分のまわりの人達の幸せを、にゃんずの幸せを模索しつつ・・

すべての猫ちゃんが平和に幸せになりますよう・・・


にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

夢ちゃん、今まで本当にありがとう・・

こういうタイトルを書く日が、いつか来るとはおもっていても、まさかこんなに早く突然に来てしまうなんて・・・

やっと落ち着いたので書こうと思います。

・・・先月に、うちの紅一点、夢子が、あっけなく他界してしまいました。。。。

yumeDream

私が在宅していた時に心不全を起こし、、。

直前までいつものようにひっくり返ってお腹みせてゴロゴロ、ご飯を食べて撫でて〜の催促。。。信じられませんでした。





あれは夜中の2時頃。ちょうどワールドカップを観ていました。

キッチンの方で、上のほうから鍋でも落ちたような大きな音がしたんです。そんな落とすようなものは置いてないけど??と、見に行ったら、冷蔵庫の上ですでに瞳孔が開いて首がぐったりとした夢ちゃん。。。。!

・・なにがなんだか、、手が震えながらも目の前にあった紙袋にすぐ入れて、24時間の救急病院にタクシー飛ばしましたが、15分たっていたせいか、まったく間に合いませんでした。。

たったの15分です。。。「残念ながら、、、」と言われても、、、。

ショックと信じられない気持ちとで、、その夜は結局一睡もできませんでした。





・・・じつはその数日前に、近場ですが引っ越しをしたのです。普段から微妙な距離を保っている3匹、お部屋の数を増やそう、というのと、新しい家には見晴らしのいい出窓があり、いつも小さい窓辺で外を見たがってた夢ちゃん用にもぴったり!なんて・・・

そんな矢先に。。。

救急の先生、そして翌日心配して電話をくださった先生も、いろんな質問をする私に、
「誤飲でも感電でもないようですし、、ひょっとして心臓が悪かったのかもしれません。猫ちゃんには時々ある症状で、あと心臓に関しては、猫は検査でもとても判断しづらいんです。これは引越しというのは直接な原因ではないと思います。そして、今回みたいなケースは、心停止してその場ですぐに処置してもかなり回復は難しかったと思いますので、、これは残念ですが寿命だと思って下さい」
と。

それでも、きっと引越しも引き金になったのかもかもしれない、、とか、適切に人工呼吸などの応急処置できなかった自分も責め、、しばらく立ち直れませんでした。

・・・唯一、あまり苦しまずにいったこと、だけが、何よりも救いだったと思っています。(キッチンでした大きな音、、心停止すると体がびっくりして跳ねてしまうんだそうです。その音だったのでしょう。)





・・それでも、その悲しみが癒えるまでの時間薬に耐えかねて、おもわずアニマルコミュニケーター・太尾和子さんに予約を入れてしまいました。カリフォルニア在住で、自分の代わりに動物とお話をして下さる、その世界ではとても有名な方です。以前、ぽんちゃんとヴィーちゃんについては予約を入れたことがあるのですが。。夢ちゃんはこんな形でお話することになろうとは。。。

スカイプでのセッション時間は1時間超でしたが、要約すると、夢ちゃんいわく

「この引越しはとってもいい流れに変わるタイミングなの、それが言いたくて、インパクトある去り方を考えたのよ!心臓も良くなかったから長引かせるのもイヤだったし。また生まれ変わってくるからね、まずは新しいご縁をつないでて!他の子(ぽんちゃんとヴィーちゃん)にも私みたいにもっと甘えたりしなさいよ、って今も言ってるのよ。そしてお姉ちゃん(私のことらしい)も同じよ。もっとなんでも自分でやらないで人を頼って。頼る人を選ぶことに集中してほしいわ」

ですって。。。

yume140621c

夢ちゃん、、、、そんなメッセージいらないからもっと一緒にいてほしかったのよ。。。涙

以前もセッション経験済みなので多少は予測してましたが、、悲しみの淵にいる人にとっては、毎度動物からの意思表示は拍子抜けするくらい明るく前向きで温かいものです。

・・・ぜんぜん私なんかより大人な夢ちゃん。

これが本当なら、動物は潔いものですね。。。





太尾さんいわく「動物はね、、、ほんとうに死より伝えたい事を優先にしますからね、、そうしたい!とおもったら、簡単に命を捨てるんです。体のない世界に行っただけ、って感覚なんですね」って。。

動物は人間と違いますね。「死」を達観しているみたい。恐れていないし、人ほどに悲しんでもいないのです。。もちろん命を粗末にはしてなく、、文字通り、命がけ、ということですよね。

それに、いろんなアニマルコミュニケーターさんがいらっしゃいますが、私が太尾さんを信じているのは、『動物も人間同士の輪廻と同じように、ご縁で結ばれているから、前世でも出逢っているんですよ』というもの。

コミュニケーターさんによっては、『二度戻ってくるケースは低い』『亡くなって3〜4日ですぐに動物の魂の世界に帰ってしまう』という方もいらっしゃるんですが。

人間から愛された、という経験をした動物なら、その魂がまたその人の近くに現れる、という考え方のほうが自然な気がして。。

夢ちゃん「私を見習ってよ!って思いながらいつも振る舞っていたの」ですって。。苦笑

時々、友人とも、「夢ちゃんてさ、毎度”おかえりなさ〜〜い!”って、目の前でごろ〜んとしてみせるけど、絶対”もっと人にはこうやって甘えるのよっ!”って言ってるよね(笑)」なんて笑ってましたが、本当にそうだったようで・・・(笑)

goro_yume8

なかなかこのご時世、女は強いですからね、彼女なりにけなげに見せつけていたんですね・・・愛おしいです。。。涙

でも太尾さんのおかげで、悲しい気持ちはかなりやわらぎました。





もうひとつ、太尾さんの考えで興味深く納得できるなと思った事。

『次に生まれ変わってくる時は、あまり性格が似てない場合が多いんですよ。それはこちら側の魂の成長に合わせて生まれ変わってくるからです』と。

どことなく似てるような。。という感覚。





・・ちなみにぽんちゃんは、前に8年暮らしていたうさぎ(ふぁんちゃん)の生まれ変わりだそうです(笑)

猫に生まれ変わるまでは3年ありました。しばらくは何も飼わないでおこうと思っていて。で、道ばたでよれよれのぽんちゃんに出逢ったのですが、、、。このときは、あのわんぱくで甘えん坊なうさぎにそっくり、、、!って感じて、、少しは不安でしたが、手放す気にもなれず、初の猫飼いになりました。ぽんちゃんに生まれ変わった理由は、

「”あ〜もう、お姉ちゃん、仕事仕事〜、って大事なもの見失ってない?”って、もう逢いに行かなきゃ!って。だから今回は猫になることにしたの。前のうさぎを思い出すような柄になって、このまま里親に出さず、うちで飼おうかなって思ってくれるようにと、ふらふらと現れたんだよ」って(笑)

・・・・ぽんちゃんが前のうさぎにそっくりなのは、私の魂が3年間であまり成長してなかったからですね、、はげしく納得(苦笑)

051224_15230707-k5

そんなふうに考えたら、また夢ちゃんが生まれからってきてくれるためには、それなりに私も魂年齢を磨かないといけないな、と。。。

それでも、ぽっかり、夢ちゃんがどこかに旅したかのように消えてしまったこの部屋は淋しいです。亡くなってしばらくは、申し訳ないけど、残された2匹がいるから気持ちが紛れたということもなく、とりあえずご飯あげなきゃ、って感じで2匹にすがる気持ちにはなれませんでした。これは亡くなってからあらためて気づいた気持ちです。

何匹いても、悲しみは変わらないのだなって。多頭飼いでの他界が今回初体験なので。。。

その間も、ぽんちゃん&ヴィーちゃんは、まぁ、もともとねこだんごしない子達なので、そんなに変化がなかったです。もしくはいつもより静かな私を察してか、”ご飯ほしいなぁ〜”とかいう鳴き声だけにしていたのかも、、そんな印象でした。

いやぁ、ほんとに居なくなってわかる、夢ちゃん。ほんとにパンチの効いた子でした。現在は野郎2匹で部屋が静かすぎ・・(笑)相変わらず、ヴィーちゃんにおいかけられたぽんちゃんがギャーギャーおおげさにわめいたりはしてるけど。

yume140621b

とりあえずは、また夢ちゃんとも一緒に暮らせるように、私もがんばって生きようと思います。

・・・ちなみにぽんちゃんもヴィーちゃんも、新しい部屋にはすっかり馴染み、そしてほんとに夢ちゃんが監督してくれたせいか、ぐっと、特にヴィーちゃんが夢ちゃんナイズされたかのようにおもちゃで遊ぶとはしゃぎ、思いっきり鳴いて甘えるようになりました。
また徐々にそちらもアップしたいと思います。

そして、在りし日の夢ちゃんの様子も交えてアップしたいと思います。

・・・ペットロスで悲しい日々を過ごされている方にも、少しでもなごんでくださったら幸いです。

yume140621e
にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ビタミン剤

今日はヴィーのビタミンB剤が切れたので、病院へ。ビタミンBは粘膜にいいのよね。
いつもは5キロ強のヴィーも一緒に、腕の筋肉を鍛えつつつれていくんだけど(笑)今回は症状も落ち着いてるようなので、薬のみに。

とはいえ、よだれは健在(?)

昨日は夢をなでたら、しっぽにでろ〜んとよだれが・・・

すれ違い様につけられたか・・・

ブログタイトル通りに”ねこだんご”も夢ではあるが、お互いの毛繕いすら、し合わないよね〜。。
たまにヴィーと夢がお鼻つんつんするくらいで。なに話してんだろ?

ほんとうに距離を保って共生してる感じです。

え??飼い主に似るって??

そうなのかもなぁ〜〜・・・苦笑



(さいきんやっとペットシーツを敷くことを思いついた・・すぐよだれで汚れちゃうからね・・)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

じゃぽんの写真に。

ブログの写真を変更してみた。
こういうシンプルもいいな〜
デザインはまだまだこれからいろいろ考えようっと^o^

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ある昼下がり

今日はわたしのベッドのまくらもとで昼寝。



ここは日替わりでヴィーと取り合い?になっている場所。
満足げな表情でうたたね・・(笑)

そして、夢ちゃんは。。



人生倦怠期??(笑)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

あいがも

夢ちゃんが、あいがもに反応(笑)



 



・・テレビに反応するのは、夢ちゃんだけ。

普段もよく見てるんだけど、「鳥」になるとくいつきが違う。

やっぱり、ハンターなのね^^

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

近頃のねどこ

夢ちゃんのためにつくった麗しのベッドスペース。



ちかごろ、ヴィーに占領されてしまい、、



(ベッドはよだれがつきまくったんでお洗濯)

じゃぽんとヴィーは結構自由にねどこを変えているんだけど、

夢ちゃんはベッドの場所をとられると、キッチンマットしか落ち着くところがないのです。



「あたしのベッドなのにーーぃ」

路上の猫みたいになっちゃってます・・・笑

 

そんなこと、おかまいなしのヴィー。

翌日はここへ。



・・・もはや、どうしたいのか、理解不能。

じゃぽんはといえば。



今日はケージの3階へ。

気ままなもんです。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ボアベッド


日増しに冷え込んできて、だんだん朝方毛布に入ってくるように。
そして今日はウォーターベッドでなく、自分のボアベッドへ。
ここはちゃんとヒーターついてるのよね
風邪ひかないようにね…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket