外猫用ハウス

・・以前から気になっていた、近所の野良ちゃんがいて。

こんな外猫用ハウスを作ってみました。



ぽんちゃんが入ってしまってます(笑)

 

その外猫ちゃんはうちのヴィーと夢と同じエリアで地域猫としてごはんをもらって食べていた子で。

ヴィーと夢を保護する前には、真冬のぼたん雪が降る中では、その子含めた3匹で軒下で丸いかたまりになって寒さをしのいでいたのです。いわゆるねこだんご、ですね。(人間だったら、3人くっついていたってとっくに凍死ですよね。。。)

最近歳をとったのか、ヴィーのように口内炎なのか、、毛皮が薄汚れてきました。

そしていまは1匹、その軒下に。

今年はせめてハウスを作って上げたい、と。

そのお宅に伺ってみたら、、、

なんとOKが出まして。

先日ついに完成、届けにいきました。

後日設置場所を確認したら、いつもその子が居る場所に置いてくださってました。

そして最近は、ごはんのお皿が近くにあるのに姿を見かけないので、きっと中に入ってくれてる、と信じてます。

 

で、せっかくなので、猫ハウス、作成過程を写真におさめました。

鮮魚を保存する発砲スチロールだとか、道具入れのボックスとか、サイトを見ると皆様工夫なさっていましたので、それをいろいろ参考にしつつ、自分なりにこれに決めました。

猫トイレと猫ベッドの合体ヴァージョン
半透明なので、お天気がいい日には太陽の日差しも中にはいってくるのでは、と。

ちなみにこれは夢ちゃんのおトイレだったんですけどね。他にもトイレがたくさんあるので採用に。



まずは風に吹き飛ばされないよう、レンガをひとつ購入。発泡スチロールをガムテープで固定。

発泡スチロールはスーパーでいただきました。なので無料。感謝です。



その上に地面からの冷気をカットするために発泡スチロールでふたをする。

カッターで少しずつ調整してカットするので、静電気でわたしが粉雪まみれになりました(笑)



猫ベッドがさらに保温されるようにプチプチでくるむ。



猫ベッドのほうがサイズが大きかったので手前をカット。そこを包み隠すようにピンクのフリースを縫い付ける。



ほぼ完成。

上の部分に換気の穴があいてるので、雨と冷気対策、ここも不要なプラスチック容器を下から接着&上から発泡スチロールでW接着。

接着剤は、こちらを。

外気にも強いらしい。



ちょうど今日は今年一番の寒さらしく、0度を下回ったようですね。

なんとか間に合ってよかったです。

4匹目に迎えいれる財力や余裕のない自分に、悲しくなりますが・・・

この子にかぎらず、ときどき外猫を見かけると、気の毒な気もするのですが、、

そのたびに「ぽんちゃんは保護しないと一日はもたなかった状態だったし、ヴィーも衰弱していて次のシーズンまでもたない状態だったし。。」

優先順位だから、と自分にいいきかせています。

また時々、元気そうか様子を見るつもりです。

寒いなか、少しでも多くの野良ちゃんがあたたかく冬を越せますように・・・

 

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
ランキングに参加しました。

ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

じゃぽん(猫)との出会い

じゃぽんに会ったのは3年前。仕事に向かう途中、ん?車道わきの白いラインの幅に、すっぽり収まるサイズの何かが居る・・・。

見てみると、鼻水と目やにで顔がどろどろな、、、、猫?犬?いや、猫だよね・・

まわりに人間も親猫もいない・・・このままじゃ車に轢かれる、よね・・・

まずは慌てて近くの病院へ。
すると「こうやって届けて、みんな取りに来ないんだよね・・」と言われ、慌てて、「いえ、必ず来ますからお願いします!」と、免許証を見せ。

カルテに名前を、と言われ、「じ、じゃあミーで。。」と言って病院を後に。その日は遅くなるので検査を兼ねてお泊まりを依頼。

 

今おもえば、電撃入籍だったねぇ(笑)

 

翌日、病院へ。

すると、待ち合いの看護婦さんが

「あのこ、お顔の模様が日本列島みたいなので、みんなで”じゃぽん”って呼んじゃってます〜

あら、そんな柄なんだ〜、、と診察室へ。

と、きれいにしてもらったお顔は、こんなんでした。



(今振り返ると、なんとも気の毒な表情だったね・・)

たしかに、日本列島だ。。。(笑)

あまりに素敵なネーミングなので、カルテはすぐに「じゃぽん」に変えてもらいました
生後3週間でしたが、それにしては小さいと。300グラムでした。ママからはぐれて大変だったんだね。。

 

 

さぁ、それから始まったわたしの猫生活です。つめこみ学習です!

じゃぽんの日々の様子はすべて新鮮。

 

猫に詳しい友達におそわった『お母さんがわりのぬいぐるみ』の、おっぱいを探したり、



こんなに小さいのにトイレが完璧でおののいたり、



あったかいところを探すのが得意だったり、







お母さん、と認識してくれたり?





よく遊び、よくなつき、こんなにちびっこだったのに、



いまではすっかり甘えん坊将軍に成長。

 



この子のおかげで、猫つながりの友人も増え、世の中にはこんなにたくさん猫を愛している人がいること、たくましく健気にひたすら生きている野良猫ちゃんたち、それを支える地域猫の団体の方々・・・

「猫」をキーワードに広がってい関係の方々にはどこか共通の”気が合う部分”があるのかも、、、なんて思う今日このごろです。

 

現在うちにはじゃぽんをきっかけに成猫になってから保護した子が2匹ふえました。が、予想通りに、じゃぽんの独占欲は120%、それを理解しながら距離をとってくれてる兄さん&姉さん猫もとてもかわいいです。

・・じゃぽんよ、いくらお坊ちゃんとはいえ、もうすこし自分も”猫”だと認識してくれ。。。と願いつつ、楽しい猫ライフを満喫しております。

 

———-友人宅の保護猫ちゃん・1———–

2005年に保護され、いまではボス的風格のぽちゃこさん。わたしの友人もここから初の猫生活に。4時間おきのミルクやりの経験者。わたしは生後3週間だったから、そこは未経験。ぽちゃこさんも幸せものだね〜



———-友人宅の保護猫ちゃん・2———–

こちらはホヤホヤ情報。

今月、勤め先で鳴いていた子を保護したそうで。



この写真を送ってくれたころは、里親にだしたほうがいいのか迷っていたようですが・・・

猫のかわいさにやられてしまい、引き取る事にしたそうです。(笑)

名前は「ムー」おでこのMからの命名だそうです。

激かわです!!ポストカード並みですね!!



 

(*今回は「保護猫トーナメント」用参加記事です。1匹でも幸せな猫ちゃんが増えますように・・・)
にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
ランキングに参加しました。

ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

親戚・・・

にちがいない。わりと近所にて。



肩のぶち模様がうちのじゃぽん&夢子にそっくり。。。

でもお顔がけわしいのね。

きびしい世界でがんばってるね。

また、見に来るね・・

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
ランキングに参加しました。

ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

おさげ確保!

8月4日

ついにおさげ確保!

17時半にUさんと待ち合わせたら。。。

いつものようにいつもの場所でごろんとおなかを見せていた。

かわいい・・

が、ごめんね、今日はちょっと怖い思いをさせないといけないの・・

Uさんにお手伝いいただきモノをセットしたら・・

いつものUさんのごはん&またたびで、なんとすぐに捕獲成功!

さっとタオルで覆い、そのままタクシーで病院へ。

いつもはおとなしめのおさげ、でも撫でる事はできなかったので、やはり病院ではすばしっこく暴れ。

やむなく鎮静剤を注射。

検査の結果、エイズ&白血病は陰性。ほっ

血液検査も大きな問題なし!

歯は犬歯以外はわりと抜けてしまっていたが、小さいころからの栄養不足からだろう、と。

歯肉炎もまだひどくないようで、とりあえず安心。

爪も切ってもらいました。

 

で。

気にしていたおしりの出血なのですが、なんと、たくさん体についてるノミをなめたからであろうと。

ケガ、でなく、ノミが吸った血、だった。。ほっ

 

がしかし。

「フロントラインしますが、数日は完全に隔離しないと、家にいる猫どころか部屋中にノミがひろがって大変なことになりますからね」と。

ほかの野良に喧嘩売られたのかと思ってたからよかった、、、けど、完全隔離か・・・

たしかにいまノミの季節よね。。

これがその後の数日間のわたしの生活リズムを少し狂わせることに。
診察もおわり、キャリーバッグのファスナーもしっかり閉じてタクシーで帰宅。

 

そのあと速やかに、、

*シャワーを浴びた。

*風呂場のものをすべて脱衣所に。

*軽く浴室を洗い、水分を拭き取り、猫トイレとごはんをセット。

*キャリーバッグごと浴室に。ファスナーを開けて、浴室のドアを閉めた(まだ鎮静剤から覚めかけで、じっとしていた)

*我が家の2匹にもフロントラインプラスを首にたらす。

今日のメニュー終了。ふぅ・・・



鎮静剤でぼんやりしている時のおさげ。

やっぱりおんなのこの顔だね。

・・・数日の浴室生活ののち、再度病院へ行き、また鎮静剤かけて、こんどはびっしりついてるノミをシャンプーしてもらう予定。

それが終わったら、晴れてゲージ越しの距離からじょじょにうちの2匹との距離を近づける予定。

・・うまくいくといいな・・・

 

しかし、換気扇がまわっていて蒸し暑くはならない浴室だけれど、数日間も閉じ込めれて、恐怖だよねぇ。。

まぁ、ノミが部屋中にひろがったら、それはそれでいろんな隔離をしなくちゃいけないだろうし、仕方ないか。

ビーのほうが震災もあって長い間狭い暮らしをしたからな・・・

おさげちゃんもがんばってね・・

あと、おさげ、という名前、変えようかなって思ってる。

はっきり決まったら首輪を作ろう。

じつはビー用にもオーダーしている。

万が一、震災がまた起きて、逃げ出したとき用に、というのと、、

じつは後ろ姿の柄がびっくりするくらいぽんと同じで・・・笑

絶対なんども間違える予感がするから。

そうそう、どんちゃんとおさげは一緒に生まれたらしい。

あんなに体格違うんだ??

あ、体重きくのわすれた。

来週聞かないと。

・・・さて、わたしはこれから数日、ジムか銭湯か、の日々かな(笑)

まずは一安心。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

実家にて・・

どんちゃんの事をおもいだすと、ふっと今日も涙腺が・・・
でしたが、友人に「ケガしてから2ヶ月もたっているなら直接の原因じゃないかもよ、それに、きっと気遣いを察してこの間に居なくなったのかもしれないよ」と・・
たしかに、なんとか出来るなら保護したい、、とは思っていた子だった。
・・・こうなればもう、いいように解釈するしかわたしの心ももたない。。。

思い起こせば、先の代うさぎちゃんも私が実家に居た時に亡くなった。
実家で亡くなったから、わたしは何も食べられずふらふらだったけど、火葬に連れていくとき、母に車で送ってもらえた。
もし一人だったら、しばらく生ける屍だったろう。。。

そんな日々のなか・・・だんだん、ヴィーちゃんもこの狭い環境に慣れてきてご不満のようで、「ナ〜〜ナ〜〜」と鳴いている。
ぽんちゃんはすっかり”俺んち”状態で、走り回ってこたつで爆睡。。
あと、頼んでいた薬が無事郵便で届いた。
ヴィーちゃんの追加分の抗生剤。

あとすこしで戻るからね。
この子たちの幸せもちゃんと考えつつ・・・
でも、どんちゃんのことはずっと忘れたくない。
存在を無駄にしたくない。
この子たちと一緒に、気持ちのなかで一緒に大事にしていこうと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

どんちゃん、ごめんね。。

昨日、どんちゃんが遺体で発見された、と、電話が。
見た目には変化なく、植え込みで静かに横たわっていたと。。。

ケガが気になって、撮った写真。
とってもおだやかで、自分からケンカなんて売るタイプじゃなかったろうけど、テリトリーに他の猫が入ってきて、たぶんケンカしたのだろう、と思う。

やっぱり、気になった時に、すぐに病院に行くべきだった。。
保護はしてあげられなくても、死ぬなんてことにはならなかったかもしれない。
悔やんでも仕方ない。
もうどんちゃんは戻ってこない。。。
すぐに病院に連れていけなかった私の財力と判断力の弱さ。。。
あの子は良い子だった。
もっともっと長生きできたはずなのに・・・
菌がまわったんじゃないのか、と。。。
まだ寿命じゃなかったろうに・・・
ごめんね・・・・

・・・なんだか悲しい気持ちをどうにもできずに、びーちゃんに泣きながら報告。
めずらしくシャーと言わず、じっと見つめていた。
そして、しばらくすると、眠そうに目を伏せ、ゆっくりしたまばたきに変わった。
・・・なんにもわかってないのかもしれないけど、達観しちゃってる風にも見えて・・・
なんとなくびーちゃんに癒された夜でした。

どんちゃんが最期、悲しい気持ちではなかったことを願います。
そして、少しでも幸せな猫が増えますように・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

雨・・・・・

なかなか、計画というのは、自分の思ったようには進まないこともある。
今日、ついに何分か待ってみたのだけど、しとしとと中途半端に降る冷たい雨・・・
さっぱり現れる気配なし。
昨夜一緒にねていたおさげちゃんですら、すぐに来ないで今日はひとりぼっちで届かないところで毛繕いしている。

しばらく待っても変化がなさそうなので、雨は明日には止むのだから明日の午前にしましょうか、とも話し合ったのだけど、預けようとしていた病院が入院をしない方針の病院だったので、それだと検診だけして帰宅して、また病院へ・・・というストレスがかかってしまう。。
そのお話をきいてくださったもうお一方が、「だったらいつもいつも野良でお世話になっている、もう少し遠い病院に車で行ったほうがいいわ、連れて行ってあげるわ」と!!捕獲にご協力くださる方がまた増え、あらためてすべてのスケジュールをすり合わせようということに。

どんどん遠ざかる捕獲予定日、ではあるのですが、じつは今朝はぼさこが現れて、心配するほど弱ってなかったということがわかったのです。
というのも、一昨日の様子だと、ふらふらしていたのは、弱ったからではなくて、左足に何かできものができて、そのせいで歩きにくくなっているようだ、と。

悪く考えれば、エイズからくる腫瘍かもしれないが、猫の場合、ケガをして膿がたまるとぷくっとふくれることがあるそうで。
・・ここ何日かで急にできたできものなので、ケガなのかもしれない。

ようするに、弱ってふらふらしているよりはマシな状態ということかな、と。

ひとまず、すこしだけ安心です。

やっぱり、つかまえるべきタイミング、というのも、なんとなく決まっているのかもしれないですね。
これを書いてる今は雨はすっかり止んで・・・
でも捕獲に限らずですが、もののタイミングってありますね。
来週の私が不在な時期に、病院できっちりみてもらえたらそれはそれでナイスタイミングなんですが。。。さて、どうなることかな。

まぁ、、、昨年夏からの願いがようやく叶うわけなので、焦らず、ぼさこの運にまかせようと思い直した本日でした。

そうそう、あと、いろんな子に名前がついてるけど、なんとぼさこには名前がついてなかったのです・・・
みなさん”ぼろちゃん”とか、”ぼさぼさちゃん”とか・・・(笑)
名無しちゃんというのも可哀想だし、ぼさちゃんというのも気の毒なので、いまのうちにかわいい名前を考えようかな・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

雪・・・・・

わたしの願いもむなしく、朝方から雪が・・・

でも、今日は、捕獲器をうちにあずかれることになり、、、いま、玄関に置いてあります。 これで、いつ、チャンスがおとずれても大丈夫!
わたしさえその瞬間に家にいれば、ね!!
またたびも買ってきたよ!

・・・なんて、のんきな事書いていられるのも、今日、まだあかるいうちに、ぼさこの安否が確認できたから。。

やっぱり隣のおばあちゃまの住む一軒家の軒の、ダンボール箱のなかで、おさげちゃんとよりそうように固まっていました・・・
生きてた・・・・よかった。。。
でも、寒いよね、、、

ものすごい寒さですよ、みぞれですもの・・・・
明日までずーーーっと固まってよりそっているのでしょうか・・・涙

いますぐにあったかい我が家に向かえたいという衝動を抑えつつ、Iさんとの親睦会を楽しませてもらいました。。。

明日、(もう今日だね)つかまりますように!!!!!!!!

まずは生存確認できて、ほんの少しだけど安心して、、、

寝ます・・・・(ただいま1:30)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

捕獲予定日

ぼさこの捕獲予定日が早まった。
この週末に向けて、大寒もすぎたというのに、またしぶとく寒波がやってきたせいか「ぼさこの様子がおかしい」と、夜にIさんより電話が。
どうやら足取りが悪く、よれよれしていたらしい。
ほんとうは26日の予定だったんだけど、急きょ明日(というか今日)になりました。
しかし、ぼさこは寒い日はあまり見かけない。
明日の天気予報はみぞれ・・・
せめて捕獲予定時刻の夕刻までは、荒れないで欲しい。

じつは今日(というか昨夜)帰って来たら、うちのマンションの入り口に、猫の足跡があった。
どろの足跡、、つまり濡れているようで、、、これはぼさこなのかな、、とおもった。
こんな寒い日に、濡れてるなんて・・・
しかも足跡はなんとなく私の自転車置き場あたりまでつながっていた。。。
この足跡は、ご飯が欲しかったのか、助けを求めたものなのか、、、、

この前も、捕獲を手伝ってもらえる事が突然に決まった日の昼間もふらっと現れて、入り口にたたずんでいた。
なんだかいつも何かがリンクしている不思議な猫。

だけど、問題は捕獲してからの都合。
明日からは3連休で、しかも捕獲後に連れていこうと思っている病院は明日から1週間院長先生が出張・・・
しかも私も結構家を空けるのよね。。。
それで26日にしていたのだけど。

しかしそんなこと言ってられない状況になったので、もう捕獲にトライするしかない。
後のことは後で考えよう。

ということで、まず、今やっておいたほうがよいこと。
じゃぽんの首にひさびさにフロントラインを落としておきました。

あとは、明日、無事現れてくれることを祈るのみ。
ケージも、捕獲して入院してるうちに、、と思って用意してないから、もう、じゃぽんの家を使うしかないね。

とにもかくにも、ふらふらでも現れてほしい。。
勝手なお願いかもしれないけど、なるべくぼさこの気持ちに合わせているつもり。。。
いろいろ考えていたら、目がさえてしまってこんな時間。さすがに眠気が。(5:21)
もう寝よう。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ドンちゃんのケガ

・・ずっと気になっていて、ときどきごはんをあげている地域猫たち。
そのなかでも、一番たくましくおだやか(に見える)ボスな風格のにゃんこ(勝手にドンちゃんと呼ぼう)が、3日ほどまえにケガをしていた。
耳にはキバの穴がひとつ。。。 大丈夫かなぁ。。。
なわばり争いなんかをすると、強いほうは頭にケガをして、弱いほうはお尻にケガをするらしい。
さすがドンちゃん、ではあるが・・・
薬は塗ってあげたいよね。

一人では捕獲もむずかしいだろうし、わたしもぽんがいるのでうかつに触れないので、撫でて慣れさせることもしていないため、余計にむずかしいだろう。
もうすぐ、強力な殺菌剤(バルボウイルスも殺菌)がとどくから、噛まれるの覚悟で触ろうとしてみようかな。。
大寒もすぎたばかりの寒空なのに、私がごはんをもっていくと走って来るにゃんこたち。
とくにぼさこは最近、「わたしのウェットフードよ!」と、わたしでなくまこちゃんにシャーー!!としているように見える。(なんてわたしだったりして・・笑・・)
が、いつも同じタイミングで来るドンちゃんは来ない。。。
悩みの種がふえるばかりで。
なかなか苦難の道のりだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket