お見舞い

昨日、ビーちゃんのお見舞いに。
とはいえ、モニター越しでの面会でした。
エリザベスカラーをして、右前足に点滴をしてました。
口のなかは赤くて痛々しいですが、歯が全部なくなった違和感はあまりなく、表情もまぁ、いつも通りに見えます。
まったくびくびくしている様子もなく。

看護婦さんいわく「静かになると横になってリラックスしてます」「半分くらいケージに布をかけると、見えないようなところでごはんをもりもり食べてます」

・・・それって、家での様子と一緒じゃないの・・・(笑)

まぁ、心配するような状態でなくてよかった。。。

とりあえず、レボリューションをお渡しして帰ってきました。ふぅ。

そして、うちのおぼっちゃんは・・・


左耳の付け根。
かさぶたになったかな?

今日、ようやく顔のピンクの色味が減ってきました。
もっと濃いピンクだったんです。
今日はひいてるようです。


右耳。
少し色味の濃いところは今も触るとこりっと硬くて分厚いです。


先日血が出てた、右目の横。
ここも落ち着いてきました。

とりあえず、一安心??
クローズアップ写真ばかりでもなんなので・・・


ちょっと居ないスキに、すかさず乗るよね・・・(笑)
でも、PCの上だと大きさがわかりやすいね。
私のものもらいも、結局眼科に行き、点眼中。
すこしずつ、平和にもどりたい、我が家なのでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

かいせん(疥癬)?

今朝、ポンの顔を見たら・・・

右目の横から血が・・・

じつは、4〜5日前にも右目の上あたりに血が出ていて、ひっかいたのか、まさか小さなすき間からビーにひっかかれたのか??と思いつつ、馬油を塗って様子を見ていた。
そしたらかさぶたになったので、大丈夫かな、と思っていたんだけど。。。
ビーも居ないのに、また同じ出血ってことは・・・
なにかのストレスでひっかいた??

・・・などと考えていたら・・・


なんだか左目の耳の付け根もちいさく血のような跡が・・・
そしてまぶたもいつもよりピンクっぽい・・・
あちこち触ってみたら、鼻の上もごまのようなしこりがあるような。。。
と、見つめていたら、必死に足で左耳をかきはじめた。

これはいかん!!
そして即病院へ。
時間があってよかった・・・

診察の結果、疥癬かもしれない、と。ただ、一部の組織を取って検査をしてもわからないこともあるし、なんらかのアレルギーの反応かもしれない、と。
そんなわけで、疥癬にも効く「レボリューション12%」を首の後ろにたらし、かゆみ止めなど抗生剤ももらって帰ってきた。

ううーむ。

これは、、、、もしやビーちゃん経由では・・・・??? だとしたら、脱衣所から移したぶん、なんらかを介して(私か床か・・)うつりやすかったのかな??

所見では虫は居なかったので、特にフロントラインもしなかったビー。
あの頃、ぽんは捕獲の時期にねんのためフロントラインしたんだけど・・・
でも、2月中旬だったから、切れてるか・・・
それにフロントラインには疥癬駆除効果はなかったかも??

まぁ、様子をみないとなんとも言えないけど、ねんのためビーの分も一回分いただいてきました。(ちなみに一匹分¥2000なり)
うぅ、お財布がまたさむい・・・・笑

お薬が効いてるのか、夜はいつも通りご機嫌なぽん。

「なんか、かゆくなくなってきたよ!」って言ってる??


のび〜〜(笑)
この癒しにゃんこを、幸せな状態に保たないとね。
早く良くなりますように。。。

そうそう、ビーの様子を電話で確認したら、「まだよだれが多いので、もう少し消毒などの処置をしてあげたいので一週間ほどくださいませんか」と。
「ご自宅で消毒いただけたらお返しできるんですが・・・」と。
・・・そ、そうですね、、、それは無理ですね、、、キャリーバッグに入れるときですら、追いつめ作戦で指一本触れられず、なので・・・

ご厚意に甘えまくることにしました。。。
現在エリザベスカラー&点滴中のビー。
3人掛かりでみなさん噛みつかれつつ(歯はないので痛くはないそうですが・・)処置してくださってるとのこと・・・恐れ入ります。。。

が、いつでも様子を見に来てください、とのことで、明日、お見舞いに行く予定。
そのとき、ねんのためレボリューションも持っていこう。
大丈夫だったらたらしてもらおう。

じつはそういうわたしも、ここ最近疲労ぎみで、右まぶたにものもらい的な違和感が・・・
取り急ぎ、ドラッグストアでものもらい用の目薬をゲット。¥1000なり。
・・・じぶんのことは適当に済ます飼い主であった。(笑)
にゃんこは喋れないからね、、ていねいに診てあげないとね。。。

あ、そういえば、今日、その後、公園を通りがかってみたら、地域猫のお世話タイムに現れる男性に会えました。
近況の情報交換など。。
ひさびさにお話できてよかった。
公園猫も、みんなが将来のことを考えてくれているみたいで、ちょっと安心。

今日もすっかり猫づいてた一日であった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

口内炎・手術へ

今日、9時30分に病院へ連れていきました。
昨夜は夜9時までごはんをあげてもいい、とのことでしたが、8時頃にちょっとミルクをなめて、それっきり。10時頃まで一応皿をさげないでおいたのですが食べないので、結局朝ごはんからほとんど食べてない状態で病院へ。
きっと真夜中にでも食べるつもりだったのかもね。。
でも、調子がいいわけではないので、早めに手術の予約ができてよかった・・・

先生は「月曜日にだいたい退院のめどがつきますが、まずは今日手術終わり次第連絡します」と。
麻酔がかかっている間に、ざっくりでいいのでブラッシングや爪切りもお願いできますか?と訊いてみたら「きれいにできるかぎりしておくつもりです」と。
重ね重ねお願いをして、とりあえず、帰宅。

今日は休みだったので、午後からせっせとビーちゃんの部屋掃除をしました。
ビニールシートを敷いた床や、爪研ぎ防止シートの壁や、ケージ内などなど・・・。
でろでろのよだれが乾いた跡や抜け毛など、2回ぞうきんがけして、その後乾いた布&パルエックススプレーでおしまい。
トイレも水洗いしてからパルエックスして砂も入れ替え、すっきり。

そしてだいたい終わったころに、タイミング良く病院から電話。
「無事終わりました。いままでいろんな子を見てきましたが、一番ひどい方ではありませんでした。点滴もタオルにくるまった状態なら看護士がだっこできています。早く慣れてくれそうな子ですね」と。
はぁ〜〜、よかったぁぁ・・・
一番ひどいのがどれくらいなのか??でも、まぁ、ひどい方だったであろうと思われるけど、とにかく無事ならよかった・・・がんばったね、ビー・・・


これは昨夜のビー。
しっぽもね、しっぽらしく毛が生えて・・・

先生は、「こんなに触れないような子を保護してくれて、、、」といたく感激されていた反面、
「早く慣れてくれそうな子ですね」「わたしの知り合いの猫も触れませんでしたが、4ヶ月で甘えん坊になりましたよ」と、とても今後のことも心配してくださっていた。
まぁ、、、、この前の震災のように、この家がめちゃくちゃになるような事が起きる以外は、責任もってビーを大事にするつもり。
保護した瞬間に、そういう覚悟はしたつもり。うん。


こちら、今日のポン。
きれいになったビーの書斎にむかって、じーーっと座っていたり。
「あれ?今日はいないぞ」って思ってたのかな。

なにはともあれ、まずは一段クリアな一日でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

脱走・・・!

のどかな昼下がり・・・

100均のネット&突っ張り棒で網戸の引っ掻き&脱走防止にしているのですが・・
この日の夜中、わたしが帰宅、いつものようにポンはドアごしにお出迎え、そしてビーちゃんにも声をかけたら・・・
書斎にビーが、、、、いない・・・・???

と、ということは・・・・

この部屋のどこかに居る・・・・・!!!???
見渡せば、窓のネットも外れているし、(窓は閉まってますが)ところどころ物がずれている。
こ、これは部屋中徘徊したにちがいない・・・・

きゃーーーーーー!!!
そおーーーっとあちこち探す。

と、ベッドと壁の20センチほどのすきまから、きらっと光るものがふたつ・・・
「ビーちゃん・・・・」
もう、酔いも覚める勢いで、さっとキャリーバッグを用意。上にとびあがらないように、ネットをかぶせ、ちょっとずつ奥においつめ、最期にネット越しに突っ張り棒でおしりをつんつん・・・
仕方なくキャリーバッグのほうへ前進。
事なきを得ました。。。

酔ってるわりにはしっかりしてました、わたし。。。
でも、すっっごい疲れた・・・
取り急ぎでしのいでた段ボールの部分のすき間から出た模様。
やっぱりもっと早くに対処すればよかった。。。
というわけで、引き続き、酔ったまま作業。
やわらかいビニールシートを利用して、ケージの上部分のアクリル版の下部にはりつけ、ケージの上へ垂らした。
これで、自分の体重でこちらに出られないという仕組みに。(せっかくなので、そのうちに詳しく記します)

もっと早くやればよかった。。。 おかげで、一度脱出できたのだから、としばらく「うおぉぉぉぉ〜〜〜!!」とビニールシートと格闘。
そのうち突っ張り棒も倒れたらシャレにならないなぁ、、それだけは勘弁、、、と、これまた酔ったまま、
「ビーちゃん、もうちょっとの辛抱だから、がまんしておくれ〜。もう出られないと思うよ〜〜」と。
すっごい近くで喋っているのに私を見つめたまま、ナァーーーナァーーーーと。。。

・・・ちょっとずつだけど、わたしにも慣れてきてるのかな。
お目目がおおきくて、ポンよりも男前、、、なはずだが今はティラノザウルスみたいなビー。
しかも、冷静に考えたら、このこたち、この間、けんかもしなかったのかな。
ってか、外に出たくて、ポンそっちのけであちこち夢中で出口を探していたのかな・・・

もうすぐで手術だからね。
そしたらもう少しいろいろ自由になるはずだよ。
あ〜、、、でもそうしたらまた私との信頼関係は一からだろうか。。。
いろいろが頭をよぎりつつ、その後倒れるようにベッドに入ったわたしであった・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

歯の検診

かかりつけの先生からご紹介いただき、今日は早速診察へ行きました。
いただいたシロップ薬も、子猫用ミルクと一緒にぺろぺろなめてくれ、するとよだれも減り、ごはんもゆっくりだけど間食してくれる。薬ってすごい。
そして余談だけど、ミルク皿をなめたあとのビーの口は白くてかわいい。。。笑

昨日、紹介先の先生と電話で相談。診察も鎮静剤だから、手術込みで一日で一気にみてもらったほうが、とおもったのだけど、
「できればやはり診察してからいろいろな方法を検討したうえで決めたいのですが・・・」
と。
そんなわけで、朝のご飯を抜いて病院へ。

診察台の上で、バッグのネット越しに先生がわざとビーの頭をつんつん、と、キャリーバッグごしにビーが大きな口をあけて「シャーーー!」、それを見た先生が
「あぁぁ、これはやはり抜歯ですね、それも多分全抜歯。いまのでだいたいわかりました」と。
鎮静剤をしなくて済みました。。
そして、心配していた予算ですが・・・
ん〜〜〜なかなかの額でした。
いい猫がショップで買えちゃうかな。
でも、命にはかえられないもんね!

まだ麻酔かけて詳細見ないとわからないので、その場で抜歯以外になにかしらの治療をしてくれるのかも。
それでも、口内が全部炎症で口元もぷくっと腫れて、ピンクな歯茎が外にまでめくれあがっている今を思えば、、、
歯はなくなっちゃうけど、きっととっても楽になるはず!!

帰宅後、さっそく歯があるうちの思い出写真を撮りました。
いやほんとに、ひどいです・・・痛々しくて。。。
こういう写真は、無事、きれいなビーちゃんになったら、Before&Afterで載せようと思います。
そうそう、保護したすぐのときの写真も、なぶり殺されたのか?みたいに悲惨です。苦笑。。
だから載せるには勇気がいります。ビーちゃんのためにも、意味のある載せ方しかしたくない。

と、まぁ、それはさておき、こちらのお医者さまも、「しかし、野良で、この状態で、エイズ・白血病もなくて、お腹に虫もいなくて、ノミもつかなかったなんて、考えられない!相当に強い子だね。僕も今、にらまれちゃってるしね(笑)」
えぇ、、たしかに、わたしも、毎度めし炊きおんなみたいな役割で、触れられませんしね・・・(笑)

さすが、Vitoさんですわ。並の強さじゃないね。
やっぱりこの名前、ぴったりだね(笑)

これからヴィーの2度目の、素晴らしい人生が待ってますように!!
手術でいっぱい効果がでますように!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

口内炎。。

ここ2〜3日、ヴィーちゃんのご飯のくいつきがなくなってきた・・・
しかも、最近よだれがだらだらで・・・口のまわりの毛も薄くなって、前足もきたなくなって、顔も面長だし、動きもぎこちないし、、、まるでティラノザウルスみたいで、怖い様相・・・
見ていられない・・・

ということで、今日(昨日)動物病院へ相談に。
ネットで「口内炎には抜歯のほかレーザーも」と書いてあったから。
それをそのまま相談したら、都内でも有名な歯科の権威の病院に問い合わせてくれることに。
ヴィーちゃんはまだまだ野生で触れないので、初診して、また後日あらためて手術、みたいな流れはかわいそうだから、その点、説明してくれるとのこと。
「でも高いですよ」と。
高いって、、、どれくらいかな・・・汗
でも、まぁ、払えないことはないでしょう!!
金なんて天下のまわりものさ!!
そういう覚悟もして捕獲したんだから!!!
わたしのショッピング代をけずればいいのさ!!!
それより、ヴィーちゃんがエイズでも白血病でもないのに、口内炎だけで辛くて衰弱していくなんて、かわいそうすぎる!!!!

その昔、20代のときに、初めて飼ったうさぎが1歳半で亡くなり、そのとき引き取りにいった病院で
「お気の毒様でした・・・会計27万です」と言われたときのショックよりははるかに平常心でいられるに違いない。。。苦笑
あのときはちびちび返済したのよね・・・

とりあえず、処置するにしても、取り急ぎの食欲も、、ということで、シロップのお薬を。
そして、動物用ミルクを買い、混ぜてみたけど、、、、ずっと2階で寝たままのヴィー。
朝までにミルク皿に気付いてくれるのかしら・・・
明日は先生からの報告の電話が来る予定。それで通院日がわかるかも。
紹介してもらえるということは、とてもありがたいことですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

書斎完成!!

もうぐったり・・・(笑)
書斎完成・・・
とりあえず、ケージをドアを開けてみる・・・ジャジャジャーーン
と、おそるおそるケージから出て・・・まわりを散策・・・
そのうちポンに気付いて、ケージ(&透明板)ごしに喉ごろごろ、頭すりすり・・・
ポンもけっこう興味津々で透明板を前足でカキカキ・・
お互い威嚇はしておらず、もしかしてそんなに悪くない感じ???
(わたしには相変わらずシャーだけど)
まぁ、とりあえず、そんな感じでね。
・・・夜はちょっと鳴いてたけど。。。
「あまり環境変わってなくね??」なんて言ってる???
ちょっとずつ、ね、ヴィー、がまんしておくれ〜〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヴィーの書斎

ヴィーちゃん用猫部屋を作ろうとしています。
もともと長方形な部屋なので。
稼働式家具を90度ずらして一部をこのように。

(まだどけた荷物が邪魔ですが。。)

なるべくリーズナブルに、、、と注文した材料は
*突っ張りパーテーション・クリア
*突っ張り棒2本(ケージを挟むように)
*ペット板1ミリ(ペットボトルと同じ材質)
・・・ケージの上とパーテーションの上をふさぐため
*引っ掻き防止用に0.2ミリのペット板。

一応、ドアのかわりにそのたびにケージをずらせばいい、という方式です。
うまくいくかな。。

ビーは一応風邪のような症状やケガはその後落ち着いていますが、よだれはたれてるな。。。
ごはんはよく食べるように。
ササヘルスもあげたいので、ウェットフードにわりと多め(5ccほど)に混ぜてるけど、気にならないのかぺろり。
効いてくれたたらいいなぁ。。。

ちなみに、ペット版一式が板屋さんから本日とどいたので、引っ掻き防止用のをかべにあててみた。

静電気で張りついた状態。。。
ちょっと右端が足りてないけど、このサイズで一枚280円なり。
3枚買ったので、なんとかなるでしょう。
早く全材料届かないかな・・・
そしたらついにビーちゃんの視界が変わる。
表情もやわらかくなるかな。。

マッサージチェアの上がお気に入りのポン。
どんだけでっかいベッドなの。。笑

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

覚え書き6(Vito保護時)

3・29 東京に帰宅。ヴィーちゃんはずっと鳴いてた・・・
「なんだよ、またここかよ!」なのか、夜鳴きも長く・・・
でもわたしも疲れて寝てしまった。

(3・30長旅でおつかれヴィーちゃん)


3・30 帰省して、なにもよかったことなんてなかったのか、とおもいきや、一応”わたしとずっと過ごしている”という認識があるのか、以前より、ドアを開けた時にびっくりしてケージの2階から1階に降りる、ということがなくなった。が、態度がどっしりした、というか、2階にいるままシャー!と・・
まぁ、それも良い変化かな・・
そして、ガラス越しにポンを見たら、なんとケージにすりすり・・・
猫には優しいのかい、ヴィー・・・
そしてポンはというと・・・
シカト・・・・汗
君は猫には興味がないのかい。。。
先行き不安だな。。。
(と、そんなおり、もしかして今後我が家におさげちゃんが参加するかも、な話も、、、それはそれでよいのかもしれない。。。ここまできたらもうあとは神のみぞ知る領域だわ。。)


4・1 なんとヴィーちゃん、右鼻の頭が赤い・・・自分で傷つけたっぽい。。


4・2 そしてこの日は右目もうるうる。。。なんだか腫れてきているようだ。。しかも鼻血がちょろっと出てる(流れてはなく、すぐ手でぬぐったのか、なくなってた)。。。風邪なのか気になる。。。


4・3 なんと朝、右目が腫れすぎて閉じてしまっていた!どうしたの、ヴィー!!
と、昼間には半目開いて。。。また腫れて、、、の繰り返し。右だけ。
鼻もズーピー言って、息が苦しそう。。病院は今日休みで、明日行く予定なのよね。。
帰省のストレスなのかもしれないね、、、すまないね、ヴィー・・・
・・・この日はとてもまた寒かったので、あ!と思いついた、使ってなかった電気ストーブを引っ張りだして玄関に置いてみる。乾燥しすぎないように濡れタオルも洗面所にかけて。
すると、ほどよくあたたかい。。。こんな節電なときだけど、玄関と脱衣所だけほかほかな我が家に。
夜中も付けっぱなしなので、暑すぎないか気になって覗いたら、やはりほどよくほかほかしていて、ヴィーは横になってわたしのドアの音にも気付かずグーピー爆睡・・・鼻の音は相変わらずピーピー。。
明日までの辛抱だからね、、、、
・・・って明日は恐怖のキャリーバッグ&病院だけどね・・・汗


4・4 朝からビーちゃんはご飯抜き(鎮静剤を使うかもしれないため)、ちょっと苦戦してキャリーバッグに。(もうしばらくはこういうの止めたいなぁ。。。)病院では、やはり先生も威嚇するビーのままでの診察は無理と判断。鎮静剤を使うことに。
だけど、前回と同じ量なのに、うっすら意識がある。すこし抵抗もする。こんなに鼻がぐしゅぐしゅ状態でも、捕獲直後のほうが体が弱っていたのだそう。つまり、体もずいぶんしっかりしてきて良い状態なのだそう。
血液検査は白血球の確認のみに。(結果、やはり高め)エイズなどの再検査は2ヶ月くらいしてからにしましょう、と。→わたしからの希望もあり。どちらにしろ、まだまだポンとは触れ合えなさそうだしね。。
そして、ねんのため、今回は予防接種もしてみた。
そして爪切りも。
鼻ぐしゅぐしゅは免疫力が弱っていることもあるし、ストレスばかりとは限らないと。
鼻のケガもとりあえずこのまま様子を見ましょうと。
左目も一時的なものでしょう、と。
というわけで、相変わらず口内炎はひどいので、2週間しっかり効く抗生剤の注射を打って、診察終了。
あと、じつは2日前にポンが毛玉を吐いて、その中に少し血が混ざっていたので、それも訊いてみたら、犬猫の胃壁は弱いので、血が混ざることもあって、それ以上の異常がないならば様子見で大丈夫、と。
もっとまめにブラッシングしてあげないとな。。
やれやれ、、いろいろ疲れた半日でした。
ビーちゃんもお疲れさまね。。



そう、そして。
本日、パーテーションが到着!
そう、やはり、ケージでは気の毒なので、2帖くらいだけどビーちゃんの小部屋を作ることに。
ちょいワルおやじのビーちゃんらしく、「書斎」とでも呼ぼうか・・・笑
今週はお部屋作りと仕事であっという間に過ぎそうだ。。。
わたしも、体力温存してがんばらないと・・・!

(3・30長旅でおつかれポンちゃん)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket