ヴィーちゃん・膀胱炎その後2

ちょっと時が過ぎましたが、、

数日ほど前から、良くなってきました。

・・動物って、毛皮(表面の張り)が変わりませんか?

弱ってる時はたらんとしてるような感じ、で、調子良くなってくると、ぷりんと毛艶も良いような。。

近頃ひさしぶりにふわっとしていて、食欲も出て来て、ひさびさにおしっこも「じょーー!」って音を聞きました。・・量はまだ本調子のときよりは少ないけど。





私が家にいる時間が増えたのもよかったかな?

気候は相変わらず猛暑になったり梅雨に入ってしまったり、とめちゃくちゃですが・・

我慢強いヴィーちゃんだから、余計に負担がかかっていたのだろうか・・・?

たくさん話しかけて、暑い日は弱めの冷房、で、また寒い日はうっすら暖房。

フリースも片付けたり出したり、、

やはり一過性のものなのかな?

でも、一度発症すると、くせになるらしいので(泣)これからも気をつけようと思います。

まずは安心。



まだまだ元気でいこうね、ヴィーちゃん
 
にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヴィーちゃん・膀胱炎その後1

ヴィーちゃん、膀胱炎になり、いつもの病院に経過を診てもらいにいきました。

様子は、良くはなっているのですが、完治した感じではなく。

トイレの回数がわりと多い状態。

突発性の膀胱炎は、季節の変わり目にとても多く、雑菌からの膀胱炎だと薬がよく効くのだけど、原因が不明なので、なおりにくいそうです。でも放っておくと自然に治る場合が多い

と。

膀胱炎になる猫の6割ほどが、こちらのタイプだそうです・・

じゃあ、残尿感はすっきりしてないのね・・かわいそうに・・・

自分でももう少し知りたくて、ネットで調べてみたら・・・

『季節性のもの・ストレスからのもの(部屋の模様替え・ご飯を急に変えたとき・ジャイアン的な猫の存在・近しい人が居なくなった場合→転勤や死など)』

とありました。

あらららら、、なんとなく、たくさん当てはまっているような・・・
部屋の模様替え、そして”へなちょこジャイアン”的なぽんちゃんの存在、あと最近わたしは仕事でしょっちゅう家に居ません。そして季節の変わり目・・・

ヴィーちゃん。。。

他の子はにぶいのか・・・・???



お気楽な2匹。。 でもきっと年もあるよね。。。

お薬ももらっているので、もう少し様子見です。

いろいろ対策も考えねば・・・



もうちょっとだけがんばっておくれ、ヴィーちゃん・・・
にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヴィーちゃん、突発性膀胱炎に。。

季節の変わり目に弱いビーちゃん。

こんどは膀胱炎になってしまいました・・・

仕事から戻り、猫トイレを掃除して、さぁ寝ようか、、、というとき。

ヴィーちゃんが真っ先にトイレに入ってきました。

「ほ〜んと、猫って、掃除したてのきれいなトイレにすぐ入るよね〜」なんて見ていたら・・・

あら、あまりおしっこが出てない??

あららら、しかも何度もトイレに戻ってがんばっています・・・




も、もしかして・・・・
あ〜どうしよう、明日も明後日も朝から夜までお仕事なんだけど〜〜。。

でも膀胱炎なんて辛いだろうから二日間も放っておけないし。。。





そこで、はっと思い出しました。24時間対応の救急病院を・・・

うぉ〜〜〜〜
もう、悩んでる場合でもなく、すぐにケージに乗せてタクシーへ。

23時台だというのに、待ち合い室には2名の方が。

結構待ちました、1時間近く、かな・・??
ようやくヴィーちゃんの番に。



症状を説明したら、早速エコー検査に。

ほんと、こういうときヴィーちゃんはけなげにおりこうです。

全然鳴きません。

前の猫ちゃんたちは、ぎゃぉ〜〜〜〜〜!!!ってみんなすごいんです。なにされてるんだろか?と思ったら、注射とかだったみたい。。



溝のような所に体を寝かせて、両足を押さえてもらいつつ、ジェルを塗っての、エコー検査。



人間並みですね〜

ぽんちゃんだったら、完全にぎゃお〜〜〜〜〜!!!でしょう(苦笑)

ヴィーちゃん偉い。。



そう言ってるように見えます。。

次はどうなるのかな?と思ったら、膀胱内洗浄と。

ふぉ〜!なんだか痛そうな・・・・

「みんなそんなに痛がりませんよ。麻酔も塗りますし」

先生方は、落ち着いたものです。

あと、とても丁寧です。

丁寧なので、待ち時間も長くなるんですが、こんな時間に診てもらえるだけありがたいですよね。



最初は血液の混ざった血尿が出てきました。

そのあと精製水(だったかと)を何度も注入して取り出して、を繰り返し。

このときも、ヴィーちゃん静かに耐えてました。



(そしてばんばん撮影してる私・・


最後に、皮下輸液。

ちょっと動いたものの、針が抜けるほどではなく、これもスムーズに。

背中にぽよんぽよんの袋ができたみたいになりましたが、これが吸収されて、大量のおしっこになるので、治りも早いでしょう、と。

あとは、抗生剤をいただいて帰宅。

至れり尽くせりの治療でした。本当に感謝です。

ふぁ〜〜〜、これで安心して仕事に行けるわ。。

ちょっと辛いだろうけど、まずはこれで頑張ってね、ヴィーちゃん
 

 
にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

とある朝食の1シーン・・

とある朝食、、というか、いつもの、、ですけども。

今朝は、ゆでておいたブリの骨を取りのぞいて、ほぐしました。小骨が入るといけないので、慎重に。

これは、毎日だと面倒なので、小分けして冷凍しています。



こちらは除いた骨の方。



お徳用を買ってくるから、ほぐすの大変なのかも。。





そして、毎度、ぽんちゃんは足元にくっついてきて、みんなを追い払っております。



足と足の間にはさまって、すりすりしてたりもします・・・

しぐさはかわいいけど、よく考えると束縛屋さん・・・
何度も思う、ぽんちゃんが人間じゃなくてよかった・・・(笑)

 





さぁ、できたよ!


これはヴィーちゃんのお皿。

今日はコーンだけど、ペースト状のかぼちゃだったりブロッコリーだったり・・・

トッピングにすりごまをかけると、食いつきが良いこともあります。



ヨーグルトもヴィーちゃん用です。他の子はあまり食べない・・

トレイはイケアで買ったもの。

ビッグサイズなので食べこぼし用にと買ったけど、ヴィーちゃんのワイルドな食べっぷりには足りなかったみたいです・・



がっつがっつ。

ウガウガウガ・・・って喉ならしながら食べてます、野性味たっぷり(笑)

そのうち、動画でも撮ろうかな。



夢ちゃんはお上品に、ぺろぺろ。

こんな小さいお皿でもこぼしません。





そして、、、あんなに私のまわりで縄張ってたぽんちゃんのご飯場所は・・



おこたの中です。

ヴィーちゃんが食べると口内が切れちゃうからね。。。ぽんちゃん’ずシェルターにてお食事してもらってます。

(ぽんちゃんは缶詰はあまり食べない。カリカリ大好きっこ)



はい、閉じるよ〜

かわいいお尻くんです(笑)

最近、ハムケツとか流行ってるのかな?

この子のお尻もなかなかでしょ?
何気ない1シーン、、(もちろん忙しい朝はちょっとはしょりますが)

ゆったり支度できる時は特に、とても幸せを感じられるひとときです。

にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

新しい棚と、ヴィーちゃん寝袋

部屋の模様替えをして、ケージの脇に約30センチの隙間ができました。。

カラーボックスではなんだか味気ないし、でもまた模様替えするかもしれないから、高いものは、、、と思っていたら、カラーボックス並みに安くかわいい棚を発見!しかもサイズもぴったり






すんばらし〜〜〜

組み立て式だったので、せっせとネジを留め、設置して缶詰を並べました。

設置まで無事終了〜!

・・・・と、後ろからガサガサという音が・・・








ヴィーちゃん・・・・それ、棚が入っていたビニール袋・・・(笑)

あなた、こんな薄っぺらい、寒そうな袋にでも入るのね・・・







すやすや・・・・

このあと、夜までずっと入っておりました。

とにかく、あたらしもの好きなヴィーちゃんです(笑)

 

 
にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

夢ちゃんパンチ

最近、部屋の模様替えをしまして。

棚の一部に荷物を入れないようにあけておいたら、案の定出入りして遊んでいます。

が、ある日の1シーン。

棚に入った夢ちゃんに、興奮ぎみなヴィーちゃんが近づきました。



 



危険を察した夢ちゃん。。

さぁ、どーする?



あっ、牙を剥いた(笑)



猫パーーンチ!

のけぞるヴィーちゃん。

強いね、夢ちゃん(笑)ヴィーちゃんしぶしぶ退散。





・・・ヴィーちゃんはもっぱら追いかける側なのです。

まぁ、幸い歯抜けじーさん(失礼)なので、大事に至らないんですけど。

まれに夢ちゃんの背中にでろーんとよだれがついていて、あ、パクッとかまれたな、という時も。 (ぽんちゃんはおおげさに、命がけで逃げるのであまり汚れない・・苦笑)

最近は、ぽんちゃんがその点において夢ちゃんにシンパシーを感じているのか、夢ちゃんからの一方的だった”頭こっつんこ”もしております。



微笑ましい・・・

気の強い、夢子姐さんがいて、頼もしいね、ぽんちゃん。

にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヴィーちゃん・アレルゲンの結果にびっくり

3年前に保護したのち、ひどい口内炎を何度か手術して、今はよだれ以外は比較的元気なヴィーちゃん。





・・と、説明は1行で済みますが、これまでに結構いろんな検査をしました。

まず、基本なものからはじめ、

エイズ&白血病の検査(陰性)
血液検査
抗生物質に対する感受性検査
口内の組織がガン化してないかどうかの組織検査
甲状腺機能検査

幸い、他の猫と隔離しなくてはいけないような病気は持ってなかったので”できればうちでこのまま保護してあげたい”という願いもスムーズに叶ったのですが、どうやら先天的に免疫力が弱いらしく。





まずは『抗生物質に対する感受性検査』の結果。



1〜3の菌に対する様々な抗生剤についての結果。

Sは感受性あり・抗生剤がよく効く
Iは中間
Rは抗生剤は効かない


普通の猫ちゃんならRが1〜2つのところ、ヴィーちゃんはRだらけ・・・・o0020002012052565037.gif
先生も驚いておられました。





次にお願いしてみた検査が『甲状腺機能の検査』

どうもヴィーちゃん、時々体がカッカするのか、ものすごく手足やお腹を、あのよだれの出まくるお口でせっせとグルーミングをするのです。当然、きれいになるわけはなく・・・



毎回ばばっちぃことになるわけです。



それでも、マメにお風呂に入れると前にも書きましたように風邪ひいたりするんで、タオルで拭いたりしつつ、お風呂は2週間に一度くらいにとどめて・・



そんな日々だったので、なにか体温調節に関係があるのかも、と、甲状腺機能検査をお願いしてみたのですが・・

こちらも不思議な結果が出まして、、





猫によくある「甲状腺機能亢進症」だと、食欲がない・やせてくる(甲状腺ホルモンの過剰な分泌)などですが、ヴィーちゃんはどんだけ食べるの〜icon_eek.gifというくらいな大食漢だし。。

逆に、「甲状腺機能低下症」のように、ものすごく食べるけど痩せて行く、という症状とも違うようだし。。

要するに、
『甲状腺ホルモンは正常に生産されているが、分泌量が少ない』タイプだそうです。
そして、腎機能・肝機能も問題なし。

で、現在与えているお薬は、口内組織をより早く再生させるためのビタミン剤と、甲状腺ホルモンを整えるお薬で経過観察中。





そして、そこからの、今回のタイトルの、

Nutriscan(唾液によるアレルゲン検査)

なのでした。

こちらは、主にドライフードやウェットフードに含まれている成分に対しての感受性(アレルギー)検査。

実はこの検査、最新なもので、日本に上陸して間もなく、今回やっと受けられた検査なのでした。

が。。

まぁ、これまたまた驚くべき結果が・・・!

またもや、先生も驚く、たくさんのNGが出てしまいました〜・・・苦笑



ピンクでチェックしてあるところが、合わない食べ物。

通常の猫ちゃんなら1〜2個くらいしかないそうです。

なな、なんなの〜、この数はぁ〜〜・・・

牛、豚・鴨・白身魚・さつまいも・ジャガイモ・米などなど・・

ちなみに、同じ項目にすべてlgA・lgMとありますが、ヴィーちゃんはすべてlgMでひっかかっています。

これは後天的に数値があがった(合わなくなった)もの、だそうです。

lgA(生まれつき数値が高いもの)はなかったのですが、lgMでも遺伝的要素はあるそうです。

ちょっと難しそうなので、これ以上聞きませんでしたが、人間でも大人になってから突然アレルギー発症したりしますもんね。それが遺伝体質からかもしれない、と、そんな意味なのかな?と。







だけど、この検査のおかげで、もう少しおだやかに過ごしてほしいという願いに、光が差したような気がしています。

このなかで、結構頻繁にあげていたのが、「牛肉」

この結果もあって、与えるのをやめたところ、ななんと、ベロベロとグルーミングする頻度がかなり減りまして。

もしかしたら、牛肉のアレルギー反応でかゆみなどが出ていたのかもしれない・・・

それを知らないでずっとあげていたことは、とても申し訳ない気持ちでいっぱいになったけど・・・

でももしこれが大きな原因だったら、、

やっとヴィーちゃんは、、、







ちょっとよだれが出る、美しいイケメン猫
(まわりの女性たちのよだれではありません・・・笑)








になれるのかもしれませんね・・・涙



やっぱり気になることがあったら、あきらめずに調べてみること、ですね。

厳しい外で育ってきたからこそ、心の強いヴィーちゃん。

もっと健やかになりますように・・・
このアレルゲン検査について→「Hemopet Japan」

にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ぽんちゃん久々の健康診断・大興奮…..

今日は、3匹揃って動物病院へ行きました。

最初は夢ちゃん&ぽんちゃんの2匹にしようと思っていたのだけど、2匹でもタクシーで行くんだし、ヴィーちゃんのお薬もそろそろなくなるし、、。

しかし、玄関を出た途端、後悔しました。。。。





お・・・・重い・・・・





よいしょっと立ち上がるときは、おいおいウェイトリフティングかよっっ!!と突っ込みたくなるくらい(爆)

よろよろと車道に出て、タクシーを拾う。ほんの2〜30メートルで汗だくです(笑)


タクシーにて。(3つめのキャリーバッグ、かわいいのが探せなくて、ヴィーちゃんにはボストンバッグに・・・我慢強い子は損する??ごめんねヴィーちゃん・・・汗)

そして無事病院前に到着。

今日の目標は「夢ちゃん&ぽんちゃんのワクチンに健康診断。ヴィーちゃんの定期検診とお薬」です。

ところが・・・





前回よりも、モーレツにぽんちゃんが大興奮してしまいました・・・



最初っからずっとこんな感じ。。。

これには先生も「これは鎮静剤を打ってあげないと、もっとショックを受けちゃうね、今日は他の患者さんの手術も入っているから、もう一度後日お願いできませんか?」

・・・結局、なんとかワクチンは打ったものの、ぽんちゃんだけもう一度連れてくる事に。エリザベスカラーですら着けられないほどのパニック状態で、次回は自宅からエリザベスカラーを着けてくる事に。

とほほほほ・・・・





もちろん、ヴィーちゃん夢ちゃんは、なんの問題もなく、無事に終わりました。

ヴィーちゃんは終始落ち着いたものです。もちろん目は大きくなってますが、一声も鳴かず、じっと伺っている感じ。

夢ちゃんは、家を出るまでがやかましいタイプ「出せ〜〜〜!なにこれ〜〜!!」
でも一旦外に出ると観念するのか、帰宅するまでいい子でした。


診察前の夢ちゃん。この後、ワクチンもエリザベスカラーも鳴かずに終了。けなげです・・・





問題はぽんちゃんね・・・

ところが。

このまま帰宅してどうなるのかとおもったのですが、そんな私の心配はよそに、帰宅したら、真っ先にだーーーー!っとこたつにもぐりこみ・・・

でもお腹が空いてるので(採血のために朝ごはん抜きだった)ドライフードの袋の音で、まただーーーー!っとお皿の前に。

ガツガツと食べ始めました・・・

その後、騒ぐ様子もなく・・・

えぇーーっ、もう元に戻ったのかぁぁぁーーー・・・






しかし、今日わかったこともあります。

前回のワクチンの時は、そんなに威嚇しないでワクチンも採血も無事終了。

が、、、帰宅後にその恐怖?怒り?が爆発したのか、もう一度病院に電話して確認するほどに、ゲロゲロ吐きまして、胃液だけになっても吐き気が止まらないので、吐こうとするたび「ヒーーー、ヒーーー」と呼吸音がして、なんとも気の毒な状態に。

今回もそうなるであろうと覚悟して、終日自宅で見守れる日にして病院に臨んだのに・・・

なんですか、このケロッとぶりは。。。

前回にくらべ、”無理に恐怖を我慢するのをやめた”という進化?がありました。

克服はまったく出来てはいないのだけど・・・





だけど、また次回の検診があるからね。でも、今回よりうまくいくかな。

先生も「ヴィーちゃんのこの平気っぷりを少しわけてあげたいくらいだね」

えぇ、心からそう思います・・・・

・・・この子が今後大病にならないように気をつけるのが、わたしの精一杯の愛情であり課題だねぇ。。。




にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヴィーちゃんは包まれるのがお好き

毎日寒いですね・・・

猫ベッドもいろんなものが出ていますが。。。

寝床をよく変える、さすらいヴィーちゃん、猫ベッドには定着せず。

洗濯物をとりこむと、すぐにもぐりこむヴィーちゃん。。。。あぁ〜そこはやめておくれ〜・・

日々、観察していると、どうやら姿が見えないほどもぐるのがお好きなようで。

それに気づかなかった去年なんかは、冬場は適当に夜だけ手編みのセーターなんか着せてみたんですが・・・







・・・すぐに脱いでしまうし、そのくせ寒そうにしてたりするし、いまいち便利でなく。

今年は、もぐれるものを、、、と考え、ダウンジャケットを置いてみました。そしたら・・・








すぐにもぐっていきました。

すでに2週間ほど、ここに定着しています。

やっぱり、すっぽり包まれるのが安心なのかな?








はみだしてる・・・

・・・ぽんちゃん、夢ちゃんより体温調節が苦手なようで。。

これでこの冬、乗り切っていけそうだね。

にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします


このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ぽんちゃん、こたつ奪われる

年末年始のお留守番中のこと。

毎日シッターさんが写真と一緒にレポートを送ってくださるのですが。

今回、ちょっとした事件、いや、ぽんちゃんにとっては大事件が起きてしまいました。

・・・最初のうちはよかったのです。


いつもと変わらぬ様子。

 



・・これくらいは感じていたかもしれないが。




ところが、3日目。事件が起きてしまいました。

ヴィーちゃんが、禁断の場所に足を踏み入れてしまったのです・・・!



そう、唯一、ぽんちゃんがシェルターにしてドライフードを安心して食べられる場所。。。。




・・・おこたの中ですっ!




シッターさんはいろいろ工夫してくださって、あちこちにドライフードを置き換えてくださったりしまして、どうにかこうにかうまくいったのですが。

ぽんちゃんの気持ちはうまく整わなかったようで。。。

この日からのレポートの写真のぽんちゃんが、、、笑
(あ、笑ってはいけません・・・)







”安らぎの逃げ場”を失ったぽんちゃん、、、





ごめんね〜あとちょっとだから〜、という私の願いもむなしく。

この翌日には、さらに傑作が・・・











・・・極道ですか、ぽんちゃん・・・・爆・・・・






(初日のぽんちゃん)

おぉ〜い、同一猫か〜ぃっっ

・・・って、笑ってばかりもいられません。

ぽんちゃんにとっては死活問題だったんでしょう。




ようやく帰宅したら。

ぽんちゃんだけ、なんだかよそよそしく、家中をウロウロ、、、。。。

いつもなら抱っこされると喉をゴロゴロさせるのに。。。。

いじけちゃった???

しばらくしたら、もとのぽんちゃんに戻ってくれました。

ヴィーちゃんの寝床も、また違う場所に移っていました。





・・いちおう、これからの環境も考えてはいるからね。

たまには辛抱してちょうだいね〜、ぽんちゃん。
(*じつはちゃんと、もうひとつ小さなこたつを作ってあったのです。それも思惑とは違う方向へ・・また書きます)


にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しました。
ぽちっと応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket