とっつあんぼうや

この寝顔・・・


子猫のくせに、おっさんの風格・・・
口も半開き・・・

ちかごろ、だんだん、『おれん家度数』が増して来た感があり。
寝る時もぐっすり度数が増して来たような・・・
でも、その次の瞬間はこんな顔。


同一人物(ねこ)とは思えない・・・

そうえいば、体重が550グラムになっていた。
いつのまに・・・
まぁ、それはそれで、いいことだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket